飽きっぽい性格を治したいときにすること


いろいろなことに取り込んでもすぐにつまらなくなってしまう、そんなことはありませんか?

飽きっぽい性格は悪い面ばかりではありませんが、どうにかしたいと悩む人も多いでしょう。

飽きっぽい性格を治したいとき、どんなことをすればよいでしょうか。

スポンサードリンク

飽きるってどういうこと?

飽きっぽいというけれど、そもそも飽きるとはどういう状態を指すのでしょうか?

飽きるという気持ちは、同じ行動や同じ思考を何度かすることで生じるものです。

変化が乏しくて退屈になり、興味を失うことが「飽きる」ということなのでしょう。

飽きることと飽きないことの違い

味に飽きても食事に飽きることはないでしょう。

毎日のお風呂や歯磨きに飽きる人は少ないはずです。

逆に、好きなことでもまったく同じことを繰り返していれば飽きてしまうこともあります。

飽きることと飽きないことの違いは何でしょうか。

飽きない理由は2つあると思います。

1つはわずかな違いに注意を向けて楽しめるためです。

ほんの些細なことに気付き、その変化に刺激を受けます。

もう1つは飽きたという状態に飽きたためです。

退屈なことでも慣れてしまうと面倒に思わなくなり、継続できます。

飽きっぽい性格を治したいときにすること

熱中しすぎない

制限時間を決めて、熱中し過ぎないようにしましょう。

飽きっぽい人の中には、初期の段階で頑張りすぎて燃え尽きてしまう人がいます。

最初の、もっとも成果の出やすい時期で頑張りすぎてしまうので、一気に成果の出にくいところまで到達してしまいます。

その結果、最初ほどの変化が得られない上に、最初のころほど頑張るのは嫌だと思ってしまい、飽きてしまうのです。

のめり過ぎないようにして、少しずつ味わうようにしましょう。

小さな変化に意識を向ける

小さな変化に意識を向けましょう。

どこがどう変わったか些細な変化に気付ければ、それがわずかでもモチベーションになります。

観察眼を鍛えるつもりでもいいので、どんな変化があったか意識しましょう。

続けることで得られる成果を強く意識する。

「こうなりたい」という願望を強く意識しましょう。

強く望んで取り組めば、少しくらいのことでつまらなくなったりしないはずです。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。