本当の意味で賢い人の考え方となり方~人生をより自由に生きるために

実績や学力とは別に、何となく頭がいいなと思える人っていませんか?
逆に、知識が豊富だけど頭悪そうと思える人もいます。

頭のいいふりをしても意味などありません。
本当に頭のいい人になりたいですよね。

賢い人の考え方と、賢い人になるための方法を紹介します。

賢い人間になるには心身ともに健康になること

賢人間になるには、心身ともに健康になることが大切です。

具体的な方法は以下の通りです。

  • 睡眠の質を上げる
  • 心肺機能が上がる運動をする
  • 腸内環境を整える
  • 加工食品を避け、頭が良くなる食材を食べる
  • メンタルを鍛える

賢い人の考え方

一つに決めつけない。他にも可能性があるかも

賢い人は、物事を一つに決めつけません。
他の可能性を考えます。

物事の考え方は、価値観や感情、視点、直前の出来事など、条件次第でいくらでも変わります。

「あの人ならこう考えるのではないか?」
「もしかしたら、他に理由があるかもしれない。」
「何か嫌なことでもあったのか?」

様々な可能性を考えるから、様々な状況に対応できるんです。

自分のことは感情よりも事実を優先

賢い人は、自分のことは感情よりも事実を優先します。

起こった事実の意味はいくらでも変えられるためです。
また、過去の事実を生かすことはできても、過去の感情には何も出来ないためです。

意志の強さを信じぎない

賢い人は、意志の強さを信じすぎません。

「意志の強い人でも誘惑に負ける確率は50%」と言われています。
強い意志を持っても、意志に頼ればうまくいかないことを知っているんです。
「頑張ろう」ではなく、意志に頼らない方法を考えます。

習慣は重要、迷う時間は危険

賢い人は、習慣の重要性を知っています。

習慣に従えば、余計なことをあれこれ悩むことがありません。
「嫌だな」と思うより先に動くことができ、迷う時間を減らせるんです。
ネガティブな感情を持つ時間も短縮できるので、あまりストレスになりません。

また、迷う時間が危険であることも知っています。
即決した場合と長時間迷って決めた場合では、正しい判断をする確率が同じそうです。
答えが同じなら、迷っている時間は無駄ですね。

迷っている間は誘惑に負けやすい、という性質もあります。

迷う時間は無意味になりやすく、欲に負けやすいので、危険なのです。

賢い人間になるには

睡眠の質を上げる

賢い人間になるには、睡眠の質を上げましょう。
睡眠不足は認知機能を下げます。
しかも、認知機能の低下を自覚できず、取り戻すことも容易ではありません。

  • 蛍光灯やスマホなどの光の影響
  • 日頃のストレス
  • 加工食品中心の食事
  • 運動不足

僕たち現代人は睡眠の質を下げる要因に事欠きません。
睡眠の質が低ければ、長時間寝ても寝不足になります。
寝不足が続けば、頭はどんどん悪くなります。

賢い人になるには、睡眠の質を上げることが大切なんです。

心肺機能が上がる運動をする

賢い人間になるには、心肺機能が上がる運動をしましょう。
心肺機能が高ければ、脳に届けられる酸素や栄養が多くなります。
脳が働く環境を整えられるので、集中力や記憶力が上がりますよ。

腸内環境を整える

賢い人間になるには、腸内環境を整えましょう。

腸は「第2の脳」と呼ばれるくらい重要です。
腸内環境のコンディションが脳の働きを左右するためです。
幸せホルモンとも呼ばれる物質「セロトニン」は、腸で作られた脂肪酸が分泌の引き金になります。

それどころか、腸内細菌が脳を操っているという研究もあるほどです。

脳をうまく働かせるために、脳内環境を整える必要があるんです。

加工食品を避け、頭が良くなる食材を食べる

賢い人間になるには、加工食品を避け、頭が良くなる食材を食べましょう。
体内の炎症と老化を防ぐことで、認知機能を高められます。

加工食品っておいしいですよね。
おいしく感じるように、油や砂糖、塩を使って味を調整しています。
酸化した油や多すぎる砂糖、暴飲暴食は炎症の原因になります。
体内が炎症だらけなら、体も頭も不調になります。

また、加工食品は、見栄えや保存のために、添加物もいろいろ使われています。
添加物には、消化するときに多くの善玉菌を死なせてしまうものも多いんです。
腸内環境が悪くなって、脳の働きも悪くなります。

頭が良くなる食材を食べれば、体内の炎症を抑えられます。
頭が良くなる食材とは、抗酸化効果のあるものや魚です。

抗酸化効果のある食品を食べれば、活性酸素による炎症を防ぐことができます。

アントシアニンを含む、ブルーベリー
ポリフェノールを含む、カカオニブやダークチョコ
茶カテキンを含む、緑茶

他にもビタミンEやセレンなどに抗酸化効果がありますよ。

魚にはオメガ3という油を含み、炎症を抑えてくれます。
ただ、酸化しやすいので焼き物はアウト。
オメガ3を摂るには、

  • 刺身や水煮缶を食べる
  • 低温調理
  • アマニ油やエゴマ油をサラダにかける

などの工夫が必要です。

メンタルを鍛える

賢い人間になるには、メンタルを鍛えましょう。

賢い人間になるための4つの方法を提示しました。

  • 睡眠の質を上げる
  • 心肺機能が上がる運動をする
  • 腸内環境を整える
  • 加工食品を避け、頭が良くなる食材を食べる

これらの方法には、メンタルを鍛える効果もあります。

他にも、以下のような方法があります

  • 瞑想
  • 不安や思考を書き出す(エクスプレッシブ・ライティング)
  • 価値観をはっきりさせる
  • 吐く息が長めの深呼吸

出来そうなことから、試してみませんか?

まとめ

賢い人の考え方と賢い人になるための方法を紹介しました。

賢い人は、冷静に考え、意志に頼らず、習慣を大切にします。

賢意志に人間になるには、心身ともに健康になることが大切です。

具体的な方法は以下の通りです。

  • 睡眠の質を上げる
  • 心肺機能が上がる運動をする
  • 腸内環境を整える
  • 加工食品を避け、頭が良くなる食材を食べる
  • メンタルを鍛える