恩着せがましい、そう思ったことはありませんか?
気遣いに気づいても、素直に感謝できないこともあるでしょう。

特に「やってあげてるのに」と言われれば、恩着せがましく感じるはずです。

恩着せがましい人の心理状態はどのようなものなのでしょうか?
どう対処すればよいでしょうか?

恩着せがましいとは

恩着せがましいの意味を確認しましょう。

恩着せがましいとは、親切の押し売りであり、見返りを要求することを言います。
また、見返りを要求するだけでなく、相手を非難します。
一種の攻撃的な態度ともいえるでしょう。

恩着せがましい人の心理状態

素直に頼めない

素直に頼むことができないため、見返りという形で頼みごとをします。
頼みごとをすること自体に後ろめたさがあるのかもしれません。
単なるお願い下手です。

認められたい

自分の行動を褒められたい、認められたいと願っています。
承認欲求が満たされていないので恩着せがましくなります。
自分を認められないため、他人に認めてもらおうとしているのです。

思い通りに操りたい

返報性の原理のもとに、相手を思い通りに操りたいと考えています。
恩を押し付けて、罪悪感を持たせたいのです。

恩着せがましさを不快に感じる理由

恩着せがましく感じる理由は、感謝の強要感だけではありません。
自分の過去にも関係があります。

周囲の人の期待に応えようと一生懸命になったことはありませんか?
迷惑をかけてしまったと感じたことはありませんか?

過去の経験による自己否定の考え方が、相手の行動を恩着せがましく思わせます。

対処法

まずは、受け取り方を変えましょう。
恩着せがましい人は、そのような態度しかできない、かわいそうな人なのです。
言葉通りだとは思わず、ツンデレなどと考えて、哀れみながら対応すると良いと思います。

恩着せがましい態度に出られる前に、日ごろから感謝を伝えましょう。
認められたいという目的が叶えば、態度も軟化します。