立ち仕事で足が痛くなったときの対処法

立ち仕事をしていると、足が痛くなりませんか?
歩ければ痛くならないけれど、立ったまま動けない仕事だと辛いですよね。

立ち仕事で足が痛くなった時の対処法を紹介します。

足が痛くなった時の対処法

足が痛くなった時の対処法は、血流を良くすることです。

血流を良くするために、足の筋肉の緊張をほぐし、温めましょう。

  • マッサージやストレッチする
  • 座った状態で、足に力を入れて緩めてを繰り返す(筋弛緩法)
  • 温湿布を張る
  • お風呂に入る

温湿布やお風呂は仕事が終わってからですが、ケアを怠ると翌日に響きますよね。

足の痛みを予防する方法

そもそも足が痛くなってから対処しても遅いですよね。
痛みを感じないほうが快適ですから。
足の痛みを予防する方法を紹介します。

姿勢を良くする

姿勢を良くすれば、足の負担を減らせます。

仕事中、以下の姿勢で立っていませんか?

  • 作業のために前かがみになる
  • 片方の足に体重をかけている

姿勢が悪いと筋肉や関節に余計な負荷がかかり、無駄に疲れます。
骨で立つようなイメージで姿勢を良くし、負荷を分散させましょう。

定期的に足を動かす

足の痛みを予防するために、足を時々動かしましょう。

正しい姿勢でも、何時間も維持していれば血流が悪くなります。
負荷を分散しても、血流が悪くなれば足が痛くなります。

定期的に足を動かして血流を良くしましょう。

例えば、以下の運動をしてみませんか?

  • つま先立ちしてかかとを上げ下げする
  • 片足の足の甲を伸ばす
  • つま先を上げてかかとを伸ばす
  • 足首を持って太ももを伸ばす
  • 屈伸する
  • 特におすすめしたいのがつま先立ちしてかかとを上げ下げする運動です。
    ふくらはぎの筋肉の伸縮がポンプのように血流を促し、足だけでなく全身の血行も良くなります。

    着圧ソックスを使う

    靴下を選べるなら、着圧ソックスを使ってみませんか?
    足に適度な圧力をかけるため、足のむくみを予防できます。
    仕事中にはいてもよいですし、家でリラックスするときに使うのもよいです。

    立ち仕事で足が痛くなる理由は血流と負荷

    立ち仕事で足が痛くなる理由は、主に血流の悪化です。

    筋肉の長期の緊張状態などにより血流が悪化します。
    血流が悪くなることで疲労物質が足にたまり、足が痛くなるのです。
    要するに、むくんでいるんです。

    また、足に余計な負荷をかけているのも、足が痛くなる原因です。
    負荷が集まって疲労がたまり、痛くなります。

    まとめ

    立ち仕事で足が痛くなる理由と対処法を紹介しました。

    足の痛みの理由は、血流の悪化にあります。
    血流を良くして足の痛みを対処、できれば予防しましょう。