昼寝の後、すぐに作業したくない?コーヒーナップの効果を最大化する工夫

昼寝をすると集中力が回復しますよね。
しかし、寝起きの数分は思うほど集中できないのではありませんか?

昼寝の後すぐに作業するためのテクニックに、コーヒーナップがあります。
コーヒーナップの効果を最大化する工夫について説明します。
寝起きの準備時間さえ、短縮したいと思いませんか?

コーヒーナップすると準備時間を0にできる

コーヒーナップすると準備時間を0にできます。

昼寝中の睡眠の深さは、浅いノンレムです。
この状態ならすっきり起きれますが、脳の準備が終わるまで数分かかります。
自然に起きるのではなく、アラームなどで起こされるためです。

しかし、コーヒーナップの場合は違います。
カフェインの覚醒効果で自然に目が覚めるので、脳の準備も完了しているんです。
脳の準備ができているため、起きてすぐ作業できます。

コーヒーナップするときの量はコップ1杯一気飲み

コーヒーナップの適量は、コップ1杯(約200ml)です。
コップ一杯を一気に飲みましょう。

コーヒーナップの実験で、有効だと確認できた量が100㎎です。
コップ1杯分のカフェインが80~120mgですので、ちょうどいいですね。
サプリで代用するときも、参考になるはずです。

なお、ちびちび飲むと覚醒効果も穏やかになります。
一気に飲めば、20分後に一気に目が覚めます。
アイドリング時間、無くしたくありませんか?

コーヒーナップの効果を高めるサプリメント

テアニン

テアニンは、緑茶に含まれるアミノ酸で、集中力を高める効果があります。
そして、カフェインと組み合わせればさらに集中力が上がります。

緑茶を飲めばカフェインとテアニンを両方取れます。
ただし、緑茶でコーヒーナップを狙うなら、350mlペットボトルを1本飲むことになります。
カフェイン量の多い玉露(コーヒーの約2.5倍)を飲むか、コーヒー+テアニンサプリのほうが楽でしょう。
でないと、トイレに行きたくて眠れなくなりますよ?

ホワイトウィロー

ホワイトウィローには、神経の興奮を高め、カフェインの脂肪燃焼効果を後押しする効果があります。
神経を興奮させれば、眠気が覚めます。

まとめ

コーヒーナップの効果を最大化する工夫について説明しました。

コーヒーナップすると、昼寝後の準備時間を0にできます。
コーヒーの適量はコップ1杯程度です。
一気飲みしないと、一気に覚醒できません。
テアニンやホワイトウィローも一緒に摂れば、さらなる効果を得られます。

昼寝をコーヒーナップにすることで、起きてからの数分を有効活用できます。
昼休みの残り時間を好きに使えますよ。
仕事の準備やスキルアップ用の勉強、趣味など、空いた時間にどんなことをしたいですか?