コーヒーナップで生産性アップ~時間やカフェイン量の目安は?

昼寝をすると集中力が回復しますよね。
しかし、寝起きの数分は思うほど集中できないのではありませんか?

昼寝の後すぐに作業するためのテクニックに、コーヒーナップがあります。
コーヒーナップの具体的な方法について、知りたくありませんか?

コーヒーナップとは

コーヒーナップとは、コーヒーを飲んですぐに昼寝することです。

コーヒーのカフェインをうまく利用することで、適切な昼寝をしつつ、作業の効率を上げることができます。

コーヒーナップが有効である理由

起きてすぐ集中できる

コーヒーナップすると起きてすぐ作業に集中できます。

昼寝中の睡眠の深さは、浅いノンレムです。
この状態ならすっきり起きれますが、脳の準備が終わるまで数分かかります。
自然に起きるのではなく、アラームなどで起こされるためです。

しかし、コーヒーナップの場合は違います。
カフェインの覚醒効果で自然に目が覚めるので、脳の準備も完了しているんです。
脳の準備ができているため、起きてすぐ作業できます。

寝すぎを防げる

コーヒーナップで寝すぎを防げます。

カフェインには覚醒効果があるけれど、頭がすぐにすっきりするわけではありません。
効果が表れるまで20~30分かかります。
30分は眠りが深くなるタイミングです。
本格的に寝てしまう前にカフェインが起こしてくれるため、寝すぎを防げます。

コーヒーナップの具体的な方法

コーヒーナップのカフェイン量は約100㎎(コーヒー1杯分)

コーヒーナップするとき、カフェイン量の目安は約100㎎です。

コーヒーナップで作業効率を上げようにも、コーヒーには適量があります。
少なすぎれば覚醒効果が弱く、多すぎれば夜までカフェインが残って熟睡できません。

実験によると、コーヒーナップに有効なカフェイン量は100㎎です。
缶コーヒー1本分に相当します。
缶コーヒーを楽しむ理由づくりに使えますよ?

コーヒーの代わりにエナジードリンクや紅茶、サプリもOK

コーヒーナップはエナジードリンクやカフェインサプリでも大丈夫です。

コーヒーナップといっても、目安のカフェイン量があればほかで代用できます。
モンスターエナジーやレッドブルのカフェイン量は100ml中約30㎎です。
なので、大サイズ(355ml)を1本飲みましょう。
紅茶のカフェイン量も同じくらいです。

値段や携帯性を考えるとサプリのほうが安価かつ便利です。
しかし、1粒200㎎の品が多く、簡単に飲めるからこそ過剰摂取や中毒に注意する必要があります。
使いこなせば生産性が向上することも事実なので、自己責任でどうぞ。

コーヒーナップの時間は約20分

コーヒーナップをするときの昼寝時間は、約20分です。

昼寝は時間によって効果が違います。
10分ほどで集中力がアップし、20分ほどで疲労が回復します。
しかし、30分以上だと頭がぼーっとすることがあります。

カフェインにより20分ほどで勝手に目が覚めます。
しかし、睡眠不足の状態では起きれないかもしれません。
20分ほどで確実に置きたい場合、どんな工夫をしますか?

コーヒーナップの効果を高めるサプリメント

テアニン

テアニンは、緑茶に含まれるアミノ酸で、集中力を高める効果があります。
そして、カフェインと組み合わせればさらに集中力が上がります。

緑茶を飲めばカフェインとテアニンを両方取れます。
ただし、緑茶でコーヒーナップを狙うなら、350mlペットボトルを1本飲むことになります。
カフェイン量の多い玉露(コーヒーの約2.5倍)を飲むか、コーヒー+テアニンサプリのほうが楽でしょう。
でないと、トイレに行きたくて眠れなくなりますよ?

ホワイトウィロー

ホワイトウィローには、神経の興奮を高め、カフェインの脂肪燃焼効果を後押しする効果があります。
神経を興奮させれば、眠気が覚めます。

まとめ コーヒーナップするときはカフェイン量と昼寝時間を意識しよう

コーヒーナップの効果や方法ついて説明しました。

コーヒーナップすると、起きてすぐ集中でき、寝すぎも防げます。

適切なカフェイン量は100mlで、缶コーヒー1本程度です。
エナジードリンクや紅茶、サプリでも代用できます。
一気飲みしないと、一気に覚醒できません。
テアニンやホワイトウィローも一緒に摂れば、さらなる効果を得られます。

昼寝をコーヒーナップにすることで、起きてからの数分を有効活用できます。
昼休みの残り時間を好きに使えますよ。
仕事の準備やスキルアップ用の勉強、趣味など、空いた時間にどんなことをしたいですか?

あわせて読みたい