劣等感が強い人の特徴と付き合い方


劣等感の強い人とコミュニケーションをとるのはなかなか大変です。

劣等感が強いといっても、様々な人がいます。

言葉を悪い意味で受け取る人がいれば、ネガティブ発言を繰り返す人もいます。

劣等感の強い人とはどんな特徴があるでしょうか?
また、どのように付き合えばよいでしょうか?

スポンサードリンク

劣等感とは

劣等感とは、自分が他人より劣っていると感じることです。
他人と比べることで感じるため、基準となる他人がいて初めて生じます。

では、一人きりでいれば劣等感を感じることはないでしょうか。
そうではありません。他者の存在を知っているだけで劣等感を感じるものです。

劣等感そのものは悪いものではない

劣等感という言葉にマイナスのイメージを持つ人も多いと思います。
しかし、劣等感を持つことで「自分には足りないものがある」と考え、
向上心につなげることができます。

劣等感がない人は現状に満足しているため、成長したいという気持ちを持ちません。
そのため、ストレスは少ないけれど、いつまでも未熟なままです。
変化の激しい現代で生き残るためには、適度な劣等感が必須と言えるかもしれません。

劣等感を強く感じてしまう原因

劣等感は自分と他人を比べることで生じます。
では、自分と他人を比べるきっかけはどこにあるでしょうか。

1つは、他人にはできて自分にはできないことを体験したときです。
能力の違いや得意分野の違いなどを実感するため、その瞬間は強い劣等感にさいなまれるかもしれません。
しかし、悔しさをばねに向上心を持つきっかけにもなります。
他人を認められる人に成長するために必要な体験です。

このようなきっかけの場合、その人や出来事から距離を置けば劣等感が膨れ上がる可能性を抑えられます。

もう1つは、第3者に自分と他人を比較される環境で育った場合です。
体感したわけではないので1回だけであれば劣等感を感じないかもしれません。
しかし、強制的に人と比べられるため、少しずつ劣等感を積み上げられてしまいます。
少しずつ積み上げられたため、強い劣等感を持ったのです。

このようなきっかけの場合、聞き流すくらいしか対処法がありません。
しかし、素直な子供時代に親などの信頼できる相手の言葉を聞き流すことは難しいでしょう。

劣等感を強く感じる人の多くは、このような環境に身を置かされたことが原因だと思います。

劣等感が強い人の特徴

他人の劣等感を煽る人

他人に対して攻撃的な人や恩着せがましい人がこのタイプに当たります。
以下のような行動をします。

  • 頻繁に他人を批判する
  • 他人の不幸を笑う
  • 「君のために言ってるんだ」などと言う

自分の劣等感から目をそらすために、これらの行動をとります。

自分の劣等感を隠す人

大抵の場合、自慢話をすることで自分の劣等感を隠しています。
(例外:雑談の苦手な人が話題提供のつもりで話す等)

自分の劣等感をアピールする人

ネガティブ発言を繰り返したり、不幸アピールを繰り返します。
同情や慰めを得るためです。

劣等感が強い人との付き合い方

励ましや褒め言葉はほどほどに

劣等感の強い人は、他人の言葉をネガティブな意味で受け取り、ポジティブな言葉を聞き入れません。
余程の信用を得なければ、大げさな褒め言葉など聞き入れられず、励ましの言葉を逆の意味に捉えます。

ネガティブな言葉を真に受けない

劣等感の強い人は否定形の言葉を多用します。
いちいち真に受けても疲れるだけですし、さらっと流して話題を変えてしまいましょう。

簡潔に褒めたり感謝することが効果的

劣等感が強くても褒められたり感謝されると少しうれしくなります。
しかし、長々と言葉を並べられるとだんだん疑います。
褒め言葉や感謝の言葉はさらっと、しかし何度も伝えるようにしましょう。


スポンサードリンク

劣等感が強い人の特徴と付き合い方」への2件のフィードバック

  1. yup

    個人的に参考になりました。これからも頑張って下さい。

    返信
    1. スコーフ 投稿作成者

      ありがとうございます。
      とても励みになります。
      これからも頑張ります。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。