クロノタイプの調べ方~自分に最適な予定を組むために

クロノタイプという言葉を耳にしたことはありますか?

クロノタイプを知ると、一日を効率よく過ごせるようになります。
時間をうまく使えるようになるので、周りに差をつけたり、余裕のある生活を送れるようになります。
逆に、今まであまり成果を出せなかった人は、クロノタイプに逆らって生活していたからかもしれません。

では、クロノタイプとはいったい何でしょうか?
クロノタイプの調べ方とともに説明します。

クロノタイプの調べ方は、診断テストか遺伝子検査

クロノタイプの調べ方は2通りあります。

診断テストを受けるか、遺伝子検査です。

クロノタイプとは朝型・夜型のこと

クロノタイプとは朝型・夜型のことです。

人間は、朝型と夜型に分かれています。
朝型と夜型が存在する理由は、外敵から身を守るためです。
すべての人が同じ時間に寝ていたら、警戒する人がいませんよね。
活動する時間をずらすことで、警戒しやすくしていたんです。

クロノタイプにあわせて生活すれば生産性が上がる

クロノタイプに合わせて生活すれば、生産性が上がります。
集中力の変化を予測できるためです。

集中力が高いときには、難しい作業をしたほうがはかどります。
勉強などのインプット作業にも、集中力が必要です。

集中力が上がりにくい時間帯に、集中しなくてもできる作業を割り振ればいいんです。
集中できないときは拡散思考に適しているので、新しいアイデアを考えたほうが効率もよいですよ。

クロノタイプを知るメリット

集中しやすい時間帯がわかる

クロノタイプを知ると、集中しやすい時間帯がわかります。

人間が高い集中力を発揮できる時間は、訓練しても、休憩をはさんで約4時間半と言われています。
え?俺は一日中集中できる?
低い集中を長時間維持しているだけです。

低い集中を10時間維持するよりも、高い集中を4時間維持したほうが、より良い成果を出せます。
トップを目指すバイオリニストが寝る間を惜しんで練習しています。
しかし、世界トップクラスのバイオリニストは、長くても合計4時間半で練習をやめるそうです。
ダラダラ低い集中を続けるよりも、高い集中のほうが大切という一例ですね。

クロノタイプを知れば、集中しやすい時間帯がわかり、短い時間で成果を出せるようになります。

睡眠時間の目安や起床時間がわかる

クロノタイプがわかれば、睡眠時間の目安や起床時間がわかります。

クロノタイプによって、必要な睡眠時間や、最適な就寝・起床時間が違います。
8時間以上寝ないと体調を崩す人がいるなかで、6時間くらい寝れば平気な人もいます。
朝型の人は22時には寝たほうが良いけれど、夜型の人は0時を回るくらいに寝ても良いんです。

クロノタイプを知れば、自分に適した睡眠のパターンがわかります。
ただし、睡眠不足を解消するのが先ですよ。

予定を立てるときの目安にできる

クロノタイプがわかれば、予定を立てるときの目安にできます。

集中できるときに働き、集中できないときに遊んだほうが、ストレスも少ないですよね。
いつ集中できるか考えて予定を立てれば、予定通りに過ごしやすくなります。

クロノタイプの調べ方

診断テストを受ける

クロノタイプの調べ方その1は、診断テストを受けることです。

診断テストにもさまざまな種類が、あるので迷いますよね。
オススメはクロノタイプ睡眠診断テスト「The Power of When Quiz」です。
作成者のMichael Breusさんは、 クロノタイプに関する本を執筆(The Power of When)してる方で、睡眠に関する研究でも数多くの賞を受賞しています。
クロノタイプの専門家が作ったテストなので、信頼できそうですよね。

ただ、英語なのでわかりにくいですよね。
日本語で同じ内容のテストを受けられるサイトがあります。
Koala コアラ・マットレス「睡眠診断テスト」

遺伝子検査

クロノタイプの調べ方その2は、遺伝子検査です。

ジーンライフやMYCODEで遺伝子検査を受けて、結果を見ましょう。

ジーンライフの場合はコースがいろいろあります。
夜型の傾向を調べられるのは「Genesis」「Premium」「Myself」の3コースです。
「Premium」は一見安いですが、会員制です。
2年目以降は年会費がかかるので、契約内容をよく読むことをオススメします。
「Genesis」「Myself」は値段が同じです。

遺伝子検査キット GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

MYCODEの場合、どのコースでも夜型検査の項目はありません。
しかし、会員限定サービスの「MY CODE fumfum」で調べることができます。

遺伝子検査サービス「MYCODE」

クロノタイプを正確に知りたいなら遺伝子検査

自分のクロノタイプを正確に知りたいなら、遺伝子検査がオススメです。
診断テストは記憶に頼るので、間違った結果が出る可能性があります。

僕も自分のクロノタイプを調べました。
クロノタイプ睡眠診断テストではドルフィン型でした。
しかし、遺伝子検査では昼型でした。

結果が全然違いますね。

実は、クロノタイプ睡眠診断テストは、20代が受けても結果が正確に出ない可能性があります。
20代は、若さから無理がきくためです。
僕が「The Power of When Quiz」を受けた時、いくつかの問いで大学生の自分を思い出して答えていました。
もう一度テストを受けたら、結果はクマ型でした。

診断テストなら無料で受けられますが、間違った結果が出る可能性があります。
間違っていても、最適な予定の組み方に気づくのが遅れるだけで、さほど問題はありませんけど。

まとめ

クロノタイプのことと、クロノタイプを知るメリットを説明しました。
そして、クロノタイプの調べ方を紹介しました。

クロノタイプとは朝型・夜型のことです。
クロノタイプを知れば集中できる時間帯がわかり、日々の予定を立てやすくなります。

クロノタイプの調べ方は2通りあります。
診断テストを受けるか、遺伝子検査です。

診断テストを受ければ無料ですが、記憶に頼るため確実ではありません。
遺伝子は変わらないので、遺伝子検査のほうが正確です。
一生ものですが必須ではないので、無料でもいいかもしれませんね。