朝、すっきり目覚められますか?

心地よくてベッドから出たくなる気持ちはわかります。

しかし、うっかり二度寝したら朝の支度がうまくできなかったり、遅刻したりしますよね。

寝ぼけたままの作業も、何かミスをしそうです。

朝の目覚めを良くする方法を知りたくありませんか?

スポンサーリンク

夜の過ごし方が朝の目覚めに影響する

夜、どのように過ごしていますか?

夜の過ごし方が朝の目覚めに影響します。

寝酒やスマホは夜の眠りを妨げます。
夜の明かりや寝る直前の食事も、ぐっすり眠れない原因です。
入浴も、お湯の温度が高かったり、寝る直前だと眠りが浅くなります。

朝の目覚めが良くなる方法

ぐっすり眠る

朝の目覚めを良くするには、ぐっすり眠ることが大切です。

目覚めが良くない主原因は寝不足だからです。
寝足りないから目覚めが悪いんです。

起きたら朝日を浴びる

起きたら朝日を浴びましょう。

朝の陽ざしが体内時計をリセットします。
体内時計が狂っていると、朝にスッキリ起きれません。

スッキリ目覚める睡眠時間を知る

自分がスッキリ目覚める睡眠時間を把握していますか?
スッキリ目覚めるには起きる時刻も重要ですが、もっと重要なのが睡眠時間です。

睡眠には浅い睡眠と深い睡眠のサイクルを繰り返しています。
その睡眠サイクルの周期は80~110分です。
睡眠のサイクルが90分ならば、浅い眠りが約30分、深い眠りが約60分という具合です。

自分の睡眠サイクルに従い、浅い眠りのときに起きれば目覚めがよくなります。
まぁ、深く考えることはありません。
過去を振り返り、睡眠時間がどれくらいならスッキリ目覚めたか、思い出せばよいんです。

ただし、あまり昔の睡眠時間は当てになりません。
スッキリ目覚める時間は年齢とともに少しずつ変わるためです。

加齢とともに早起きになるといいますよね。
熟睡にかかわるホルモンの分泌量が減るため、ぐっすり眠れる時間が短くなるんです。

ベストな睡眠時間を思い返してみませんか?

スッキリ起きるための食べ物

朝の目覚めを良くするには、朝食に以下のものを取りましょう。

炭水化物:睡眠中に糖を使い切ってしまい、不足しているため
温かいもの、辛いもの:体温を上げることで活動状態に切り替える

また、2、3時間後の眠気に備えるために、タンパク質や脂質も取りたいところです。

まとめ

朝の目覚めが良くなる方法について説明しました。

朝の目覚めを良くするには、夜の過ごし方を工夫する必要があります。
ぐっすり眠り、眠りが浅くなった時に起きればスッキリ起きれます。