人はいつの間にか様々なものを比較して考えます。
人同士を比べることはその筆頭でしょう。

一方で「他人と比べることはよくないことだ」と思うこともあるでしょう。
しかし、比べること自体は悪いことではありません。
他人と比べることで見えてくるものがあるためです。

ただし、他人と自分を比べて劣等感を抱えても、良いことはありません。

他人と比べる癖を直したい時の考え方について説明します。

スポンサーリンク

他人と比べないことは難しい

「他人と比べるのはよくない」という言葉を耳にしたことがあると思います。
確かに、自分と他人を比べて落ち込むとストレスをためるだけです。
他人同士を比べて勝手にレッテルを貼ることもよいことではありません。

しかし、良くないとわかっていても比較してしまうのが普通です。
日常生活の中で、様々なものを比較する機会があふれてためです。

高価なものと安価なもの。
おいしいものとまずいもの。
テストの成績。

人は多くのものを比較し、自分に合うものを選んでいます。
比較する機会が多いため、人間のみ特別扱いするということが難しいのです。

他人と比べることで見えてくるもの

他人と比べることで、様々なものが見えてきます。
たとえば、以下の通りです。

  • 自分にとって当たり前のことが、実はすごいことだった。
  • 十分だと思っていたら、もっと上があった。
  • 自分はだめだと思っていたことが、他の人もできていなかった。

これらのことは、他人と比べなければなかなか気づくことができないものです。

もちろん、自分にとって自慢のことができて当然のことだったと知る可能性もあります。
しかし、想像してみましょう。
知らなかったせいで恥をかいているかもしれません。
気づかないうちに周囲から見限られるかもしれません。

他人と比べることで自分の長所と短所に気づくことができます。
気づくことで自分をより受け入れられるようになります。

他人と比べる癖を直したくなる理由は劣等感

他人と比べるときには注意点があります。
悲観的にならないことです。

他人と比べれば、優劣をつけることになります。
優劣をつけたとき、どうしても自分の劣るところに目を向けてしまうでしょう。

劣等感を抱えると、他人と比べている自分自身が矮小なものに感じてしまうかもしれません。

そうして他人と比べることに後悔し、比べる癖を直したくなります。

他人と比べる癖を直したいときの考え方

自分の成功体験に目を向ける

自分の成功体験に目を向けましょう。
今までに積み上げてきたものがあるはずです。
自分には何気ないことでも、他人から見れば称賛されることなんていくらでもあります。

過去にどのような成功をしましたか?
その成功のために、どのような工夫や努力をしましたか?
自分の過去に目を向けて、自分の自信を取り戻しましょう。

競争相手ではなく助けてもらえる人か考える

他人を見たら、もしもの時に助けてもらえそうか考えてみましょう。

競争相手を探せば、自分と相手の優劣が気になってしまいます。
しかし、助けてくれる人を探せば、自分より劣る相手では不安になってしまいませんか?

「自分はここが劣っている」ではなく「この人は私の欠点を補ってくれるだろうか」と考えます。

目標などの見えないものに意識を向ける

どんな性格が良くて能力が高くても、望む未来を手にできなければ無意味です。

あなたは将来どうなりたいですか?
その未来をつかむために何が必要ですか?

達成したいと強く願う目標があれば、他人を見る暇すらなくなります。

目標や価値観、未来など見えないものに意識を向けましょう。

まとめ

他人と比べることの意味と、他人と比べる癖を直したいときの考え方について説明しました。

他人と比べなければ気づかないことはいくらでもあります。
その気づきを糧にして、自分を悲観的に見ないようにしましょう。