他人との比べ方の工夫


人はいつの間にか様々なものを比較して考えます。
人と人を比べることはその筆頭ともいえるでしょう。

一方で「他人と比べることはよくないことだ」と思うこともあるでしょう。
しかし、比べること自体は悪いことではないのです。

他人と比べることで見えてくるものがあります。
どんなものが見えてくるのか、他人とどう比べれば良いかを説明します。

スポンサードリンク

他人と比べないことは難しい

「他人と比べるのはよくない」という言葉を耳にしたことがあると思います。
確かに、自分と他人を比べて落ち込むとストレスをためるだけです。
他人同士を比べて勝手にレッテルを貼ることもよいことではありません。

しかし、良くないとわかっていても比較してしまうのが普通です。
日常生活の中で、様々なものを比較する機会があふれてためです。

高価なものと安価なもの。
おいしいものとまずいもの。
テストの成績。

人は多くのものを比較し、自分に合うものを選んでいます。
比較する機会が多いため、人間のみ特別扱いするということが難しいのです。

他人と比べることで見えてくるもの

他人と比べることで、様々なものが見えてきます。
たとえば、以下の通りです。

  • 自分にとって当たり前のことが、実はすごいことだった。
  • 十分だと思っていたら、もっと上があった。
  • 自分はだめだと思っていたことが、他の人もできていなかった。

これらのことは、他人と比べなければなかなか気づくことができないものです。

もちろん、自分にとって自慢のことができて当然のことだったと知る可能性もあります。
しかし、想像してみましょう。
知らなかったせいで恥をかいているかもしれません。
気づかないうちに周囲から見限られるかもしれません。

他人と比べることで自分の長所と短所に気づくことができます。
気づくことで自分をより受け入れられるようになります。

他人との比べ方の工夫

他人と比べるときに気を付けなければいけないことがあります。
それは、悲観的にならないことです。

他人と比べるということは、優劣をつけることです。
優劣をつけたとき、どうしても自分の劣るところに目を向けてしまうでしょう。
しかし、劣っていることは悪いことではないんです。

自分と他人をきっちり分けましょう。
単なる事実として受け止めるだけにして、落ち込まないことです。
悲観的に自分を見ようとせず、自分を知りたいという気持ちで比較しましょう。

まとめ

他人と比べないで生きることは難しいです。
むしろ、他人と比べることで自分のことがわかります。
他人と比べて、自分を悲観的に見ないようにしましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。